住宅ローンの見直しをしましょう

わずかな金利の違いが大きな特になります。
住宅ローンは、「借りられる」より「返せる」という無理のない返済計画を立てましょう。

 

借り換え返済のメリットは、当初借入された金利より現在の金融機関の金利の方が低くなりその借入期間の差額金利分が安くなります。

 

借り換えの目的は、大きく3つに分けられます。
1.総返済額を抑えたい。
2.毎月の返済額を抑えたい。
3.金利上昇の不安・リスクを抑えたい。

 

1.総返済額を抑えたいという場合は、今借入されている住宅ローンと検討しているローンを比較しましょう。

 

 融資残高×残返済期間×金利差÷2−諸費用=借り換えのメリット

 

 この計算で一度確認してください。借り換えのメリットの数字が大きいほど借り換えされた方が得です。
 諸費用とは、借り入れするにあたっての費用のことです。その費用は、保証料・事務手数料・印紙代・登記費用があります。
 金額は、金融機関によって違いますが大まかに言うと50万円〜70万円くらいかかります。
 その金額を引いた額が借り換えのメリットがあります。

 

2.毎月の返済額を抑えたいというニーズは、収入ダウン・支出アップなどがあると思いますが、
 長い返済期間にはいろいろなことが起こると思います。
 その場合、金利を抑える借り換えで具体的には、10年固定の場合、5年・3年固定にする。
 3年固定の場合には金利は抑えれて返済金額も減らすことがきます。
 この場合は、一時しのぎの場合は金利の上昇をチェックし将来の負担増の対策として
 保険が満期になったとか定期が満期になったなどの場合は、繰り上げ返済も検討してください。

 

3.金利上昇のリスクは、変動金利・固定金利期間選択型(3年・5年・10年の選択)を借りられている方にあてはまりますが、
 いつかは金利が上がるといったリスクがあります。その不安を回避するためには、全期間固定金利に借り換えをされ
 多少返済額がアップしても今後、金利上昇の不安はなくなり家計管理はしやすくなります。
 それと今借りられている返済期間より長くすることもできます。

 

申込の承認になったからといって必ず融資の申し込みをしなければいけない事はありません。
気になる銀行に何社か申し込みをしてから考えることもできます。
また、みなさんの利用しやすい環境も違いますのでその辺も検討されたほうがいいと思います。
面倒な手続きが多いですが、借り換えのメリットを考えればその場で終わります。
後悔しないためにも検討され借り換えをしてください。

 

注目のランキング

じぶん銀行

SMARTな「金融サービス」と、MOBILEならではの「楽しさ」を提供したい。
じぶん銀行は、KDDIと三菱東京UFJ銀行が共同出資して設立したインターネット銀行です。

 

1.スマートフォン用専用アプリがあります。利用料は無料です。
2.金利は、お申込時ではなく実際に住宅ローンをお借入れいただく日の金利が適用となります。
3.日本で初めて! 申し込みから契約までネットでOK
4.「がん」と診断されたらローン残高が半分になります。
5.じぶん銀行は、借りるだけではなくお金を貯めておきたいと思っている方にもピッタリです。
6.お近くのコンビ二・三菱UFJ銀行で、取引できます。
↓詳しいことは↓

 

楽天銀行

●保証料、繰上げ返済の手数料も無料!
●お申込まで来店不要!
●フラット35は、金利上昇の心配はありません。
●2年・10年固定と変動金利のタイプもあります。
フラット35取扱い金融機関は約340社ありますが、金利は各社様々で
最大で1%程の差があります。楽天銀行はフラット35(買取型)の中で
最低金利!その最低金利が最長35年間続きます。
お申込書のご請求はWebサイトから。
お客さまとのご連絡はお客さま専用マイページ、電話、郵送で。
だからお申込書のご請求〜ご契約まで来店不要です。
↓詳しいことは↓


 

新生銀行

1.繰り上げ返済手数料・保証料0円
2.ATM手数料0円
3.団信介護保証保険料0円
5年固定・7年固定・15年固定・変動金利があります
最長35年間でのお借り換えが可能です(年齢制限があります)
ゆうちょ銀行・セブン銀行のATMが手数料無料
来店 あり
↓詳しいことは↓

 

    常陽銀行

 

茨城県在住の方はシェア率ナンバーワン
1.地域に根ざした銀行
2.繰り上げ返済手数料無料
3・ATM手数料無料
4.ガン保障、8大疾病保証のプラン有り
5.土日でも相談できます
引越し費用の割引サービスもあります!
旅行やレジャーが最大90%OFFでご利用いただけます!
マイカーローン、教育ローンなどの金利も優遇!
↓詳しいことは↓

 

個別相談会開催中

 

融資条件の良い銀行の営業担当窓口を設置しており、各銀行の商品や金利情報を収集している為、どこの銀行の融資条件が最も有利かという最新情報を持っております。

 

なお、インターネット等で各銀行の金利情報や融資条件等は公開されてますが、お客様によって条件が違うし優遇金利も違います
『住宅ローン利息の削減を通じて、家計費負担を減らすお手伝いをしたい』
こんな想いが多いのでみなさまに
【無料のローン借り換え相談】をおすすめしています!

 

金融緩和により住宅ローンの金利が下がり、借り換え需要が高まる中
借り換えについては様々な費用がかかるのも事実です。
また手続きが面倒で躊躇されている方も多くいらっしゃいます。

 

そのような方に代わってローンの借り換え代行業務を行い、
時間と労力の手間を省くお手伝いをします。

 

ローン借り換え費用を0円にすることも可能です!

 

↓詳しいことは↓